パートの主婦層の求職者の増減の傾向

定年後はパート労働が最適

パートの主婦層の求職者の増減の傾向 正社員として長年勤務してきて定年退職を迎えた人でも、まだまだ仕事をしていたいと考えるようになりました。仕事を続けたい理由として、定年退職の年齢から公的年金の支給開始まで5年間の空白があるというケースが多いことから、仕方なく仕事を続けるという人もいますが、一方で年金を受け取れる年齢になっても、生涯現役で仕事を続けていたいと考える人も増えてきています。いったん定年退職という節目を迎えた人は、これまでと同じように正社員で雇ってくれるところを探すのではなく、仕事の量もペースもスローダウンさせるという意味合いから、パート雇用を選ぶのがいいでしょう。

パートと正社員とでは、気分的なものがまず違ってきます。正社員ではないからと言って、適当に働いていいというわけではありませんが、最終的には正社員が仕事を仕上げてくれるという安心感が得られます。また、これまでよりも時間を短縮して働くことによって、仕事と生活の比重をこれまでとは違ったものにできます。労働時間が減ったことによって趣味の時間を持つことができますので、仕事を続けながら余暇も楽しめる理想的な働き方が実現します。さまざまな面から考えると、定年退職後の雇用はパートが最適です。

関連サイト情報