パートの主婦層の求職者の増減の傾向

日本もパート大国へと変化

パートの主婦層の求職者の増減の傾向 日本では一度会社に就職したら、終身雇用と言って定年退職するまでずっと同じ会社に在籍し、そこで仕事を頑張るのが当たり前だと考えられてきました。実際、会社の方もよほどのことがなければ、いったん雇った社員を解雇することなどなかったといえます。社員は会社にとって大事な財産であることから、解雇を禁じた偉大な創業者もいたほどですが、世界がよりグローバルになり、熾烈な競争相手となった今、もはや大事な財産として終身雇用を続けるというわけにはいかなくなりました。企業の生き残りのため、考え方を変える必要性に迫られたわけです。

そのため、企業では多くの正社員を解雇、もしくは時間給労働者への変更を求め始めました。同じ時間働いても、月給に比べるとはるかに少ない賃金になるパートを増やすことで、これまで通り人手は確保しつつ人件費は大幅に抑えられる、企業としては大歓迎の策です。その結果、時間給労働が定着する海外諸国同様に、日本も今やすっかりパート大国となりました。デメリットがクローズアップされがちではあるものの、自分の働きたい時間だけ入れるというメリットも生まれています。より時給のいいところを狙って効率よく働くという、新しい労働スタイルを生み出すきっかけになったのかもしれません。

関連サイト情報