パートの主婦層の求職者の増減の傾向

パートでの働き方とその概要について

パートの主婦層の求職者の増減の傾向 パートとは、パートタイムおよびパートタイマーの略称で、正社員やフルタイムの対義語として使われます。勤めている会社等において、定められている所定の労働時間よりも短い時間で働く労働者に対して使用されます。しかし、パートであっても、違いは勤務時間が短いだけであり、仕事内容は正社員と変わらないことも多く、また、雇用期間も別段の理由がなければ長く勤務するケースが多いことも特徴です。最近では、人口の減少により労働力不足の懸念から、パートであっても戦力として期待する企業も、多く見受けられます。

しかし、活躍が期待されるパートでの働き方は、未だに配偶者の扶養内で働くケースが主流です。いわゆる、103万および130万円の壁と呼ばれおり、収入が103万を超えると所得税が発生し税金が天引きされる為、手取り額が減少します。また、同様に130万円を超えた場合には、厚生年金や健康保険などの加入義務が発生し、同時に社会保険料の負担が加わります。

しかし、今後は社会保険料の加入要件が変わることも十分に想定される為、わざとセーブする働き方を選択するのではなく、いわゆる働き損をカバーするだけの収入を目指す働き方をするパートも、増えることが予想されます。パートであっても、補助的な労働者ではなく積極的に働くケースが増えることは間違いなく、また、社会が求めるニーズにもマッチしています。

関連サイト情報